宅地建物取引業者免許番号・奈良県知事(1)第4213号
(公社)奈良県宅地建物取引業協会会員
(公社)近畿地区不動産公正取引協議会加盟
奈良県橿原市高殿町584-3/営業時間:9時-18時/定休日:日・祝
Tel:0744-22-3467
※はじめて来場予約をしていただき、アンケートの項目全てにお答えいただいた方に限ります。
※1組様1枚とさせていただきます。 ※未成年者のみの来場は対象外とさせていただきます。
弊社は奈良県を中心に土地、建物、賃貸物件の紹介・建築やリフォーム、イノベーションなどのご提案・
相続する土地、建物の対策やお持ちの土地で利益を出す土地活用・ローンや保険等のご案内・不動産広告の作成等
不動産に関するあらゆることをサポート致します。

また、弊社には宅地建物取引士・インテリアコーディネーター・管理業務主任者・損害保険資格者がおりますので、
不動産に関することはなんでもご相談下さい。
土地を持っているだけで相続税がかかる?
土地を持っているだけで相続税がかかると聞いたことはないですか? 土地は、相続財産の中でも占める割合は大きく、その分相続税が大きくなります。 ここでは土地活用や資産活用しつつ相続税の節税にもつながる情報をご紹介します。

相続税の節税1

現金を相続するよりも、アパート等の賃家として相続するほうが相続税の評価額が30%ダウンします。
現金そのものを保有している場合には税金計算のもとになる相続税評価額を下げることは出来ません。しかし、現金で不動産を購入すると、不動産の相続税評価額は、現金で持っているときよりも約30%価値が下がります。
例えば、現金5,000万円で購入した貸家の相続税評価額はいくらになるか?
※5,000万円の貸家は100%賃貸物件としてのみ使用の場合

①現金をそのまま保有していたら相続税評価額は5,000万円

②現金5,000万円で貸家を購入した場合には、
 相続税評価額はなんと5,000万円×(1-30%)=3,500万円 となります。

相続税の節税2

貸家(アパート)の敷地は、貸家建付地となり、評価額が約20%下がります。
評価減の理由は、
※借地権割合は60~70%(地域によって異なる)。借家権割合は、全国一律30%となっています。 例えば、土地の評価額1億円、
●賃家を建てない場合、評価額1億円のまま
●この土地に貸家を建てた場合

《借地権割合60%の場合》

《借地権割合70%の場合》 貸家を建てるだけで、約20%も土地の評価額を下げることが出来るということです。

売却

収益性も期待できない土地の場合や将来利用する予定もない場合は、土地を売却することを検討されることも良いかもしれません。相続税の納税資金の準備として、また遺産分割がしやすくなります。
しかし、売却をすると、財産が現金化され土地のまま相続するよりも高額になることも。
土地の場合には貸家や貸家建付地、小規模宅地等の特例等の土地の評価額を下げる方法がありますが、現金はそのまま相続税課税価格になり、現金の方が相続税が高額になることもあるので注意が必要です。
メリット 現金化でき、納税資金が準備できる
現金化で遺産分割もしやすくなる
維持・管理が不要になる
デメリット 現金の方が相続税評価額が高額になることも
売却時に譲渡所得税がかかる
所有権がなくなるので収益が上がらなくなる

お問い合せ

会社概要

個人情報の取扱について

↑ PAGE TOP